久保造園
トップ
概要
沿革
ギャラリー
仕事の流れ
問合わせ
リンク
イメージ イメージ 紅葉イメージ

久保造園のホームページにようこそ!
久保造園(くぼぞうえん)は、昭和5年より京都に開業し、現在では京阪神のみなら ず全国各地で造園を手掛けさせて頂いております。寺社仏閣、個人邸にこだわらず、たとえ都心などの限られたスペースでも、その空間 が生かせる木々や石などを使った、日本人の心に響く庭を作品のコンセプトとしております。


造園に関することなど、お気軽にお問い合わせください。 左側メニューの「問合せ」から、 もしくは以下のメールアドレスに送信ください。

  タスマニアで水琴窟を作ってきました

水琴窟について
   水琴窟(すいきんくつ)とは、日本庭園の茶室入口の蹲踞(つくばい)や、書院縁先手水鉢の鉢前水門に造られた日本独自の庭園施設です。
名前の由来は定かではありませんが、鉢前水門の下に底に小さな穴を開けた甕を伏せて埋めるという構造と、手を洗った水が穴から水滴となって甕底に溜まった水面に落ち、甕中で反響するその音色が琴に似ていることから、江戸時代の粋人達や庭師から「水琴窟」と呼称されたようです。

  水琴窟の音色